FAQ


よくあるご質問(FAQ)

守護神について

Q.守護神とは?

A.守護神は、人間界でお亡くなりになって霊界に帰られた一部の御霊が、神武天皇の指示によって人間界の人間に来られた方です。また、守護神はあなたを護る神様です。

Q.守護神はだれにでもついているのですか?

A.現在日本の人口の約39%:4800万人(世界では10億5千万人)の方に守護神がきておられ、そのうちの17%:800万人の方が守護神をお祀(まつ)りすると自分の守護神とお話(対話)ができます。

Q.守護神とどうやって対話するのですか?声など聞こえるのですか?

A.守護神コネクトでは、守護神と対話してご相談に応じています。守護神コネクトのカウンセラーは身体の体感で守護神と会話いたします。また、守護神の声を聴ける人は現在おりません。

Q.守護神はどういう人ですか?

 A.守護神は、人間界でお亡くなりになって霊界に帰られた一部の御霊が、神武天皇の指示によって人 間界の人間に来られた方です。

Q.なぜ守護神はいらっしゃるのですか?

 A.一言で言いますと、人間界を良くするためにこられています。また御魂や心の綺麗な方を選んでその方を幸せに導くために来られています。

Q.守護神をお祀りすると、どのようなご利益がありますか?

A.
①守護神がお身体を守ってくださいます。また、守護神が命を守っていただけるし事故等に遭わないようにされます。

②身体の不具合が改善されることが報告されています。

③現在のお悩み・不安・不満を解決していくことができます。

④守護神と対話して誰にも依存することが無くなります。

Q. 守護神にはどのようなお願いをしていいのですか?

 A.お祀りされた守護神にはご自分の希望や願いをなんでもお願いを入れてください。

先祖について

Q.あなたには、先祖がついている。先祖が見えますよ。と言われたのですが?

A.それはお亡くなりになった、ご親族やご家族の御魂(浮遊霊)が霊界に帰してほしい。と言ってきているのを霊媒師や占師がそのようにお伝えしたのです。御魂(浮遊霊)は人間にはつきません。浮遊霊は金縛り程度のいたずらくらいしかできません。ですから先祖が人につくことはございません。

お祀(まつ)りについて

Q.お祀(まつ)りとはどういうことをするのですか?

 A.人間に守護神を下ろす行為を言います。具体的には神棚に守護神を下ろします。神棚は守護神の霊界への窓口となります。

その他

Q. 霊感が強いとはどういうことですか?

 A.一般に「霊感が強い。」「あの方は霊が見える」とか言われます。霊感が強い=ついておられる守護神の位が高いということです。また霊が見える方はその方のついておられる守護神の位が高いために浮遊霊がその方に「霊界に帰らせてほしい」と言いにくるので浮遊霊が近づいてくることがあります。そのために浮遊霊を見る確率が高くなります。