体験談3


 私は2021年5月18日に守護神のお祀りをしました。緑内障の手術になるところで知人から誘われ詳細は説明なしに「手術しなくて済むから大丈夫だから私を信じてほしい。」とだけ言われ。
 もともと私は宗教団体の3世で、周りはその宗教以外はいなく「病気がよくなる」とか「死に損なったけど生きかえりました」・・・などのフレーズは耳にタコができるくらい聞いてまして半信半疑でした。霊能者に60万くらい使い洗脳されたあとでもあり期待はあまりしていませんでした。

結果は


 守護神をお祀りしたあとは、嶋さんや永麻さんにカウンセリングや祈祷をしていただいて安心して相変わらずお酒も飲みまくっていて眼圧は下がらず、嶋さんからは私に与えられたプログラムなので「自分でなにが原因か?鑑定してください」と言われ。

➀自分の行ができてない。

➁霊界は大丈夫と言っても自分の行動が変わってない。

③アルコールによる肝臓が弱っている。その反射区が眼。


 頭からガツンと殴られた気がして本気で鑑定を初めました。嶋さんからは「祈祷も自分でできるからしてください。」といわれて、それもまた半信半疑で。「私はそんなにすごい人じゃないのにそんなことできるはずないじゃない。」、と。
しかしとりあえずはやってみようと思い毎日神棚に手を合わせて守護神にお願いしました。

ある日身体が前後に激しく揺れ、それがしばらく続き、そのあとぐったりベッドに入りぐっすり眠りました。

何十年も不眠症で睡眠薬を飲んでいたのに、お酒と睡眠薬飲まなくなり、不眠症も治ってました。

 そして昨日眼医者にいきましたら、眼圧が10も下がっていて医者が「ちょっと待って。低い。低すぎない?いや、いいんだけど、、なんで?ありえない?」とプチパニックになっていました。

ということで


お祀り→祈祷が出来たことで3つの悩みが2週間と少しで改善されました。奇跡とはこういう事なのだとヒシヒシと感じてます。

これからも慢心せずに行をしたいと思います。