これからお祀りをされる方へ



①お祀りをされるにあたり、当日の服装などの指定はございません。
(軽装でも構いません)

②お祀りをする当日は、3時間の枠を確保しております。目一杯のお時間を使って頂くのはもちろん、ご自身のご都合で、30分(最短時間)や、1時間位にて終了しても構いません。

③お祀りの儀式は、1人10分前後となります。

④その後、説明の時間として、人によりますが、およそ10分〜30分ほど掛かる見込みです。

⑤その後、鑑定として、何でも霊界に訊く(きく)ことができます。※人の生死についてはお答えできかねます。

⑥お祀りの当日は、神棚をお持ち帰り頂きます。ご配送も承ります。(お客様のご負担)

⑦神棚は、高さ30センチ、奥行き10センチほどの普通の紙袋サイズに入るものになります。

⑧ご家族の方を同時にお祀りされる方は、ご本人が来れなくても代表者がいれば問題ありません。神棚は1人に一つとなります。
どなたの神棚かが判るようにしてお持ち帰り頂けます。


 ※※トップページのカテゴリーにある、
「はじめに」と「spiritual human care理念」と「業務内容」をお読み頂きまして、お祀りに際して、理解を深めて頂けますようお願い申し上げます。


************************************************

●また、お祀りできないご家族もいらっしゃいます。
どのようにして神棚を置いたら良いかは、提案いたしますが、ご家族の反対がある場合は、時期をあらためる事をお勧めします。

●一見、一般的なご自宅に神棚を置くことと、何ら変わりはありません。

●一般的な神棚と違う点は、本来の神棚(神)の祀り方にて、お祀りを行うので、本物の神の御加護を受けることができます。そうすることで、はじめて神棚を置く意味を成すことになります。


●その、ご加護を受けるためには、
行と言いまして、お祀りをした後、
(1人30分¥1500)にて、霊界、守護神を理解するための時間を取られることをお勧めします。

●そうすることで、ご自身の守護神に理解を深め、神棚の意味、守護神に対する信仰ができてきます。
それにて、しっかりとご加護を受け取ることになるのです。同時に守護神との対話ができるようになります。(対話ができるようになる行の回数はお祀りの時にご案内いたします。)

************************************************